PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

僕だけがいない街[三部けい]

199.jpg
う~ん…内容の説明が難しいにゃぁ。
この作家の描く漫画はとにかく漫画漫画らしく(※1)
少しさびしげな雰囲気というか、黄昏時のようなそんな雰囲気を感じてしまいます。

時代はちょっとだけ昔な現代。
リバイバル(再上映)という、数分間のタイムリープ(?)という特殊能力をもち
それ故にいつも厄介事に巻き込まれる主人公。

過去の悲劇、現実の悲劇、様々な伏線を張り巡らせた1巻に思えました。
先の展開がよめず、常にどうなるんだろうどうなるんだろうという欲求を与えてくれる
一本の映画を見ているような印象です。

北海道の方言が入ってくるのもまたあったかみがあっていいなぁと。
だからこそサスペンス要素が映える!…のかな?
とにかくとても楽しく読ませていただいています。感謝!
来月のヤングエースが楽しみです♪

※1:裏表特有(?)の言い回し。表情やしぐさ、セリフの掛け合い等
  イラストでも小説でもなく、漫画であることが武器であるという印象の表現。
  絵柄が確立しているというかなんというか…まぁそんなです。


著者wiki→
ヤングエース→

| 僕だけがいない街 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://uraomote06.blog.fc2.com/tb.php/3-5f690d34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。