| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイゼンフリューゲル [虚淵玄]


アイゼンフリューゲル
著:虚淵玄 挿絵:中央東口
ガガガ文庫


自分がライトノベルにはまるきっかけとなった一作。
完全な作家買いです。
作家、絵師共に自分の大好きなコンビだったのでとりあえず購入。
そのまま2~3年棚でホコリをかぶっていたのですが
ふとしたことで読み始めた瞬間にドハマり。
最後の主人公のセリフには思わず涙がこぼれました。
全2巻でページ数もそこまで多くはないので
読みやすいのではないでしょうか。

・大まかな内容。
空に王者有り。
王者は「ドラゴン」と呼ばれ
同じく空を飛行するものに対し純粋なスピード勝負を持ちかける。

元戦闘機乗りである主人公は、いつしかドラゴンとの超高速バトルにとりつかれ
ただひたすら早さを求めることとなる。

・感想
漢…です。
良くも悪くも。
これが漢の生き様…という感じです。
えぇ、良くも悪くも。

今思い出しても涙腺が潤むぅ…。


アイゼンフリューゲル→
アイゼンフリューゲルwiki→
虚淵玄→
ガガガ文庫→
スポンサーサイト

| アイゼンフリューゲル | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。