| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

聲の形(4)[大今良時]

IMG_5362.jpg
聲の形(4)[大今良時]
1巻時の感想はこちら→
一話こちらで読めます→

最新刊発売!待ってました!!!

このペースで出るってことは本当に週間でやっているんですね~…
なんて失礼なことを思ってしまった。

だって好きな漫画が休載や不定期連載でずーっと新刊が出ないとか
よくある話すぎて…好きであれば好きであるほど不安になるわけで…。


はぁぁぁ…楽しかった…。
色々な登場人物がより一層深まる内容でした。

当たり前のことだけど、主人公以外の登場人物にもそれぞれの人生があって
それぞれの考え方があって、それぞれの正義があって、
悲しいこととか嬉しいこととかたくさんあって、影響し合って、
一時は離れちゃったけどまた主人公と会話できるようになった人もいるし
未だ溝が空いたままの人もいるし…

母親の話よかったなぁ…。
友達や昔の友達にばかり意識が行っていたので意表を突かれました。

結弦…お前も大概おせっかいだが、周りの人間もおせっかいなんだ。
独り悲しみを溜め込めると思うな!観念して救われろ!!

はぁ楽しかった…
この主人公を取り巻く…というか主人公が歩く世界の今後がホント楽しみです。
スポンサーサイト

| 聲の形 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聲の形(3)[大今良時]

IMG_5042.jpg
聲の形(3)[大今良時]
1巻時の感想はこちら→

出会いを果たし和解をし、さぁどう話が転がる!
と期待に胸を膨らませつつ不安に胃を痛めつつまっていた最新刊が発売!!
さすがに週刊雑誌は発売が早い!

いや~楽しかったです。
大まかな内容を言うと昔の知人に会うお話。
そう、いじめっこだった頃の主人公の知人です。

ただ主人公を取り巻く昔の知人友人達は
皆一様に同じ時間を共有してきたわけで
そりゃ皆それぞれ腹に抱えているものがある訳で。

主人公のように後悔に押しつぶされそうな人生を送ってきた人が他にいるのか
それとも何も気にせず気にも留めず成長をしているのか
それともそれとも別の視点で当時を見ていたのか。

そんな色々な想像をしながら読んでいたら
もう切なさとハラハラと気遣い等々様々な感情が湧いてきました。
今後もどんどん人の輪が広がっていくのかなぁ。

個人的には今の主人公と当時の先生が出会ってほしい。
別に出会った結果話すことができなくても良い、話が合わなくても良い。
ただ、会ってほしい。
当時大人だった先生が、成長した主人公に対してどんな話をするのか
どんな態度を取るのか、そんなのが見たい…けどまぁどうなるのやら。

いや〜次の巻が…というかこの作品の未来が楽しみです。
聲の形の為に週刊追ってみようかなぁ…

聲の形公式→
↑※1話読めます

| 聲の形 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聲の形[大今良時]

IMG_4810.jpg
聲の形[大今良時]
週刊少年マガジン

--大まかなあらすじ------------------------------------
聴覚に障害があることが原因で周囲からいじめを受ける少女「西宮硝子」
子供心の行き過ぎた好奇心で彼女を傷つけてしまった少年「石田将也」

少年は自らの行いを後悔した。

そして時は過ぎ高校に上がり
彼と彼女は再開を果たす。
----------------------------------------------------


単行本1冊分しか自分は知識がないので書けるあらすじはここまで。

まず初めに思ったこと。

「これよく出版できたなぁ」

あらすじにあるとおり、聴覚障害といじめが盛り込まれている内容になっています。
正直、読み終わってブログに書くため連載誌を確認するまで月マガだと思っていました。
まさか少年マガジンでこの内容が描かれているなんて驚きです。

子供ゆえの残酷さ、すれ違い、親への罪悪感。

色々な事をしてしまった主人公ですが、いろいろなことに後悔をしているその様は
いじめの張本人だろうが!と思いつつ憎めない…。

この文章だけ見ていると何を言っているのかわからないと思いますが
1巻の内容だけで、感情が動くには十分な描写がされていると思います。

正直もう漫画的展開とかいいから
「この二人仲良く平和に高校生活すごしてくれよ」と願ってやまないです。

とまぁ次の巻がとても楽しみな良い漫画に出会えました♪


余談ですが、読んでいて楽しいと思っている最中に
「マルドゥックスクランブル」の作者だと気づく。

好きな作家が描いた作品が楽しいというのもいいのですが
楽しいと思った作品が好きな作家だったというのは
またなんかジワジワくる幸せ感があったりします。…自分だけ?

アニメを見ているときも、この声いいなぁ…て思って後で
「あぁ、この人だったのか」と気づくとまた何か幸せ♪


聲の形公式→
↑※1話読めます

| 聲の形 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。