| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

将国のアルタイル[カトウコトノ]

6rlbzNpkV68wz-Ygx_LLD3sGIHVr_bRi0nnx_PuMQt8.jpg
将国のアルタイル[カトウコトノ]
月刊少年シリウス

--大まかなあらすじ---------------------
遥か昔より栄える商業大国「トルキエリ将国」に仕える、
史上最年少将軍犬鷲使いである少年「マフムート」

彼が将軍になってまだ日も浅い中、とある事件が発生し、
かねてより対立をしていた将国と「帝国バルトライン」は
一触即発の状況に陥る。

マフムートは独自に事件の謎を調査し、戦争回避の道を探る。

有史以来初の大陸全土を巻き込む「ルメリアナ大戦」
その戦端が開かれようとしていた。

「国を守りたい」

その一心でマフムートは戦乱の世に飛び込む。
---------------------------------------

絵が独特で、服装や背景等世界観を表す描写がとても細かい。
あぁ、こういうのが好きなんだろうなぁ、というのが
読んでいてひしひしと伝わってくる作品です。

激動の戦乱を、一個人を起爆剤にして各国が駆け巡る。
そんな爽快感が読んでいてとても気持ちいい。


自分は実際の戦争というのを知らない。
それこそ漫画やアニメ、物語等で語られるような英雄譚ばかりだ。

銃等が発展した後は、戦争そのあり方が変わってしまっているような
そんな素人意見を覚える程度のかじった認識である。

だからこそ、中二病的というのかもしれないけど
「一個人」に活躍して欲しいと願ってしまう。

実際同じような心境の人は多くいて、だからこそそういう英雄譚が
時代を問わず語られているのだろうなぁと思うわけで。

まぁちょっとずるいような気もします。
史実ではなく、作品であるとはいえやはり商品なので
ある程度は予定調和的に、ハッピーエンドを期待しながら
胸がスカっとするような展開を待っているような。

…まぁ絶望に向かって進むような作品もありますが…
コードギアスとか…ルルーシュとか…コードギアスとか…
あれは見ていて辛かった…ルルーシュあんた最高だよ……

っと話がずれた。

戦乱ものをあまり読まない自分が読んだ中ですと
海皇記もそんな感じかな?
「一個人が世界を動かす」みたいな。とても楽しい♪


まぁ純粋に「絵」だけをとってみてもとても味があり、
かといって「絵がうまいだけで漫画は全然」なんてことも無いので
一見の価値はあると思います。

↓から1話試し読みできるので是非♪
気に入ったら次は1巻ですね。


少年シリウス公式→
スポンサーサイト

| 将国のアルタイル | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。