| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PEACE MAKER[皆川亮二]

IMG_4345.jpg
PEACE MAKER[皆川亮二]
ウルトラジャンプ

--大まかなあらすじ-------------------
「銃士」
命を対価に莫大な富と名誉を獲得しうるその世界では
日々決闘という命のやり取りが行われていた。
主人公「ホープ」は、卓越した銃士としての技量を持ちながら
その技を「人の皮をかぶった悪魔(比喩)」つまり外道にしか振るわなかった。
本人曰く「自分は銃士ではない」が口癖である。

そんな放浪とした生活が、ひとりの少女との出会いによって大きく変わり
混乱渦巻く世界に飲み込まれていくことになる。
-------------------------------------


ガンマンの決闘なんて、この作品を見るまで
「漫画のし甲斐が無いような気が・・・」と思っていましたが、
そこは流石ベテラン作家。
命をかけているにふさわしい緊張感、存在感、間etcetc

これは逆に

「漫画じゃないと表現できないのではないか・・・」

と意見を180度反転してしまうほどに衝撃を受けました。

単純に「銃の決闘」といっても様々な手法があり
その決闘にかける意気込み、背負ってきたものもまた千差万別。
名誉のため、父親のため、家訓のため、孤児のため…。

世界の理不尽さを決闘という極端な手段でしか解決できない
不器用な人間たちの物語…といっても差し支えないのかも?
……いや…差し支えあるか…。

まぁ世界背景、ストーリー、人物像等々練りこまれて
文句のつけようのない一作だと思いますが
個人的にはやはり「戦闘の多様性」に目を惹かれてしまいます。

撃って殺すか撃たれて死ぬか、だけのはずなのに、だからこその緊張感…



とベタ褒めですが実は途中で一度切ろうかと思った時期もありました。
まぁ…結局決闘だけっしょ?
みたいな思い込みで敬遠しそうになって

「最新刊(当時)を見て切るかどうか決めよう」

と思って読んだらことごとく心臓をわしづかまれて今に至ります。
今では購入中の漫画の中で楽しみランク「最高」に近いかも。

漫画漫画らしさ、戦闘シーン、間、何かしら学べるところは学びつつ
ゆっくりたのしんでいければと思います♪


PEACE MAKER[皆川亮二]→■http://ja.wikipedia.org/wiki/PEACE_MAKER_(%E7%9A%86%E5%B7%9D%E4%BA%AE%E4%BA%8C)
ウルトラジャンプ→
スポンサーサイト

| PEACE MAKER | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。