| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クジラの彼[有川 浩]

クジラの彼[有川 浩]
角川文庫

--大まかなあらすじ------------------------

国防のラブコメ(´∀`)

------------------------------------------

「空の中」で涙を流し「海の底」で息を飲み、そしてこれですよ…。
もうたまらんですよホント…。

「「海の底」のアフターストーリーが書かれているよ\(^o^)/」

という知人のお話をいただき、そこで始めてこの本を知ったのですが
まさか「空の中」のアフターストーリーもあるとは思わなかったです。

内容はあらすじそのまま、国防の男or女or両方の恋愛のお話。

1冊の中にいくつものエピソードが詰まっているので
時に蛋白に、時にしっかりと等などメリハリがあり
とても読みやすく、するっと読み終えてしまいました。


これはもう、同じコンセプトで書かれたという
「ラブコメ今昔」も、楽しみにせざるを得ないです。
楽しみすぎてしばらく距離を置きそうな自分がいるけど…
まぁ近々読んでしまうことでしょう。


あ、そういえば






有川 浩 さんて女性だったんですね(あとがき後の「解説」で始めて知った…)
読んでいて性別を意識したことはなかったのですが
漠然と男性だと思っていたような気はします。

だって男が男男しいんですもん。
というか内容が男男しいんですもん。
骨太というかなんというか。

そうか…女性なのか………


…まぁそれで何が変わるというわけでもないのですが
そう思っているはずなのに、実際知ったら驚いてしまったというお話。


有川浩wiki→
角川文庫→
スポンサーサイト

| クジラの彼 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。