| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空の中[有川浩]

201368145823.jpg
空の中[有川 浩]
角川文庫


高度2万mという超高度で突如起こった超音速ジェットの試作機の爆発事故。
しばらくして同空域で起きた自衛隊の飛行機の爆発事故。

事故により父親を失った少年が
ただ呆然と、つながるはずのない父への電話をかける。

そして物語は動き出す。




というようなお話…でいいのかな?
あまりに楽しすぎて、ネタバレとか絶対したくないので言えるのはここまで。
自分はネタバレをしないように抑えながら
強く強く興味を持ってもらえる紹介文章を考えられるほど優秀ではない。

なので純粋に感謝の言葉を述べるくらいしか術がない。
なので純粋に感謝の言葉を述べようと思います。



「作品を見て涙を流す」

これは自分にとって日常的なことで
日々求めていることであって
そのようなものが溢れている現状、出会えた事実にいつも感謝するわけで。

この作品も当然例に漏れず涙と感謝を余儀なくされました。

父を失った少年、幼馴染、生き残ってしまった女性パイロットと調査員、それを取り巻く大人たち。
様々な視点で語られる価値観、感情の奔流は息を付く間もなく、最後まで一気に読んでしまいました。
少年少女の葛藤も良いのですが、大人たちのやり取りもまた色々考えさせられました。
大人スゲェなぁ…とかね。

ふと友人に「最近ラノベ読み始めて、何かいいのない?」なんて漠然とした
そんな質問から出会った当作品なわけですが、いや…ホントどストライク過ぎた…。
教えてくれた友人ホントありがとう。
きっと近いうちにこの人のほかの作品も読んじゃうんだろうなぁ…。
塩の街と海の底はもう購入済みだしね(*゚▽゚*)タノシミダネ!


空の中wiki→
有川浩wiki→
角川文庫→
スポンサーサイト

| 空の中 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。