≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デスレス(全12巻)[六道神士]完結おめでとうございます!!

desuresu.jpg

デスレス(全12巻)[六道神士]

4月の新刊一覧をチェックしている最中(完)という文字を見て背筋がゾクッとしたのを覚えています。
でも仕方ない。
いつ終わるかわからないのが漫画の楽しみ。
終わった後もなお想い想像するのが創作の喜び。

ということで完結おめでとうございます!!
初めからずーーーーーっとぶっ飛んだ内容で、あぁ…作者本当に自由に描かせてもらってるなぁと思いながら読ませていただいておりました(※主観)

それにしても1巻を読んで以来ずーと楽しみにし続けてきた作品なので。
いまだ一度もブログ上で紹介していなかったことにビックリ。

さて、何が自分の琴線にそんなに響いたのかというと
自分は登場人物の感情の動きにいつも感動しているわけですが
この作品ではそれ以外に概念の変化を楽しんでいました。

常識そのものや世界のあり方そのものに疑問を覚えるような
そんなキャラの葛藤やらなんやらをギャクを交え表現していたデスレスマジスゴイっす(*'ω'*)

キャラクターを絞り個性を追求した強烈な登場人物たち。
そして「自由に描かせて」と改めて思った最終巻の大きな流れ。
いやー1巻から通して本当に楽しかったです。
楽しかったというか、浸っていました。この世界に。

感謝。
ありがとうございます。


来週にでもゆっくり1巻ずつ読み返そうそうしよう。


デスレスwiki→
デスレス_少年画報社公式→
スポンサーサイト

| デスレス | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イエスタデイをうたって(冬目景) 完結おめでとうございます。

20150922.jpg
イエスタデイをうたって(11)[冬目 景]
※イエスタデイの大まかなあらすじ記事はこちら→■

イエスタデイをうたって完結おめでとうございます。

雑誌を追っていない自分としてはコミックが出るまで完結という情報を知らなかったわけで、
完結と書かれた帯を見た瞬間に胸に吹いた様々な想いは形容しがたいことこの上なかったです。

寂しいとかお疲れ様でしたとかおめでとうございますとか出会えてよかったとか色々有りますが
やっぱり一番は「ありがとうございます」なのかな。

皆が皆色々な想いを抱えながら自分の気持と向き合う最終巻。
終盤の展開も最後の見せ方も、とても良かったです。

見せ場やら危機やらといったエンターテイメントとも無縁な
作品を通してなだらかな、水が流れるような展開なのに
よくもまぁ飽きもせずに見続けていたなぁと。

きっと何か個人的にツボっている部分があったんでしょうね。
「いつまでも続いてほしい」「もっと彼ら彼女らに会いたい」と思いつつ
それは今後勝手に脳内で想像するとして

ひとまず完結


感謝


今後の作品を楽しみにしつつまた羊の歌でも読みなおそうかな…。
画集も買おうそうしよう。


イエスタデイをうたってwiki→
グランドジャンプ→
冬目景ファンページ→

≫ 以下雑談(*゚▽゚*)※ネタバレあるかも

| イエスタデイをうたって | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔法科高校の劣等生17

20150830.jpg
魔法科高校の劣等生電撃公式→
魔法科高校の劣等生wiki→

四葉からの大ニュースが日本全土を駆け巡る。

今まで積み上げてきた様々な大前提が覆る大ニュースに
友情、愛情、策謀、様々な立場の様々な感情が渦巻く
魔法科高校の劣等生の世界の転換点となる一冊。

二人にフォーカスを当てた前巻もとても好きだったのですが
今巻の、今まで積み上げてきた様々な人達の感情の動きは
「何を思っているんだろう」「どうするんだろう」
…と、読んでいてとても楽しかったです。

雫さんいなかったらほのかどうなってたんだろうね…
他のみなも同じ、友達って大事だね。

さてさて、次は「中」か…ボリューミーなエピソードになりそう♪
次の巻がほんっとうに楽しみだ~。

≫ 以下雑談(*゚▽゚*)※ネタバレあるかも

| 魔法科高校の劣等生 | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉄のラインバレル(25) 完結おめでとうございます!

IMG_1096.jpg
秋田書店 チャンピオンRED→

鉄のラインバレル(25) 完結おめでとうございます!

タイトルのとおり、鉄のラインバレル25巻完結おめでとうございます。

この作品に出会ってからもう10年…長かったなぁ。
そして長かったわりに毎巻毎巻楽しみにしていた記憶があります。
個人的にツボってたのと、中だるみがなかったんですね。
あーホント楽しかった。

コミックが無事完結したと言う事で、アニメだけしか見ていない方も
この機会に一度見てみてはいかがでせう。
よくあるなじみやすい主人公像が最後まで中二魂を貫き通す
気分爽快SFメカアクションヒーロー漫画です。


近いうちに1巻から読み返そうそうしよう。

≫ 以下雑談(*゚▽゚*)※ネタバレあるかも

| 鉄のラインバレル | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にゃんこい[藤原 里]

201_2014101523014227c.jpg
にゃんこい[藤原 里]
コミックメテオ→公式サイト■

--大まかななあらすじ---------------
突然猫の言葉がわかるようになった主人公「高坂潤平」
彼は不注意にも罰当たりなことをしたため、猫に呪われてしまっていた。

呪いを解かなければ猫になる、呪いをときたければ猫を助けろ。

重度の猫アレルギーをもつ主人公に最大の試練が立ちはだかる。
-----------------------------------


前巻から4年半の時を経て発売された最新刊。
ほのぼの系は余り読まないのですが
当時の友人が熱狂的にはまっていた関係で自分も読んだら
ヒロイン(どのヒロインかは想像に)の可愛らしさに胸を打たれて購入に至る。

……とかだった気がしますが本当に前の話なのでちょと自信なし。

個人的な印象としては、作りが丁寧。
線が綺麗、絵が綺麗、1話完結の形が多く、とても読みやすい。
それでもジリジリと進んだり広がったりする主人公の交友関係を楽しみにしていたら
4年半という溝を開けられたわけで…ね……家帰ったら読み直そうそうしよう。

動物と話せる作品というのはもう星の数ほどあることでしょう。
高校が舞台の作品も然り。
今や4コマ系に戦場を奪われているような気もするジャンルですが
当時を思い出しつつ楽しく次の巻を待とうと思います。

≫ 以下雑談(*゚▽゚*)※ネタバレあるかも

| にゃんこい | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。